スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

「権利者」

公私とも忙しくて最近ブログさぼっていたのですが、ちょっと続けざまに、これどうなんだろうっていう記事があったので、復活します。

まずは、先週のお話で、例の新キャラの件。

nab1.jpg

民放連、地デジ移行PR新キャラクター「地デジカ」 -AV Watch

新、地デジイメージキャラクター「地デジカ」 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

地デジカは即席キャラではなかった! 地デジカ誕生秘話が判明! | 未来検索ガジェット通信

誰が考えてもそうなるのですが、タイミング的にアレだったのと、やっつけ感の強いデザインの「地デジカ」、ネットでは二次創作があふれかえり、地デジネタにしては、久しぶりに楽しい状況となりました。

しかし・・・・。

続きを読む
スポンサーサイト
03 : 02 : 00 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ダウンロード違法化

久しぶりに名前を聞いた「私的録音録画小委員会」。

文化庁の諮問機関ですが、ダビング10の協議の際に、HDD課金で紛糾し、役割を果たせなかったことは以前に書いたとおりです。(もめにもめる著作権料)

今回は、ダウンロード違法化を取りまとめたらしいですが・・・・。

続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

01 : 33 : 06 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アナログ波停止の余波

地元の新聞、北海道新聞にこんな記事が載っていました。

北方領土で日本のTVもう見られない!? BSデジタル化で受信困難-北海道新聞(話題)

北海道新聞社はパーマネントリンクを引かないので、後々のために、全文引用しておくと、こんな内容になっています。


続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

23 : 53 : 47 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

デジコン委 第45回

B-CAS見直しで「チップ」や「ソフトウェア」など検討 - AV Watch -

ためいき。

技術WG(ワーキンググループ)は、B-CASの小型化、チップ化、ソフトウェア化を考えているらしい。

消費者側:
「ダビング10を守るために存在するのであれば、そのためだけの一番シンプルな仕組み。誰にでも透明性のある運用にして、たくさんのメーカーが対応できて選択肢が増えるような仕組みにして頂きたい(川村委員)」 つまり B-CAS社はなくせということだと。
押しが弱い印象。

そして出てくる椎名さん。

 権利者団体の代表からは、「技術WGはメーカーと放送局。しかし今でも、B-CASを改める必要はないと主張しているメーカーがいるという。そういう発言に技術者としてのプライドはないのか、と感じる。カードかチップかということでなく、保護の仕組みに穴が開いているのだから、改善しなければならない。一方で、B-CASカードのシステムは残る。これらの混在運用ではFriioは解決しない。こういう問題については制度での検討も進めてほしい(椎名委員)」との意見も出た。


ついにFriio名指し。

B-CASは崩壊してるんだから、技術的な見直しはもう諦めろ。
というのは、至極まともな意見。
椎名さん、変なこと言ってない。

ただ、次、
「制度での検討も進めてほしい」
ここです。
これまでの、流れから考えると、コピー制御を法制化し、FriioとかPT1とかを違法とするようにするといういう発言。

不正流通を取り締まればコンテンツは売れますか?
デジタルコンテンツを流通させる・活性化させることを本当に考えていますか?
なぜ、Friioが現れたと思いますか?
Friioを持っている人は全員ネットに不正にコンテンツを流出させていると思いますか?
Friioが現れて、コンテンツの流通(販売)量は減りましたか?
ダビング10になって、コンテンツの流通量は減りましたか?
どうすれば、コンテンツの販売量が増えるのか、文化が進むのか、権利者はそこら辺を発言しない限り、ちゃんと取りあってもらえないと思います。

例え、放送局やメーカーよりも言っていることが適正であったとしても、発言のその先に利権が見えてしまいます。



ところで、椎名氏のいうB-CASを容認するメーカーはどこなんでしょう?
是非、メーカーの名前が知りたい。
今後、そんなメーカーの製品は絶対買いたくないんで。

ARIBの役員名簿を見たら、会長が東芝の西田社長。
まさかね。(BDなしの東芝のレコーダーが生き残るためには、ネットワークでの録画をスムーズにできるようにすることが必要で、それにはコピー規制解除が邪魔な筈なので。)


続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

03 : 26 : 11 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

B-CAS 廃止 ちょっとだけ続編

以前取り上げたB-CASの違法性について - 池田信夫 blogという記事ですが、コメント欄に池田氏自ら書いた補足を見つけました。

メディアのみなさんへ (池田信夫)
2008-10-10 02:38:06
各社からEメールで問い合わせが来るが、この話はデリケートなので、Eメールでは答えません。あちこちで頭の悪いイナゴが「廃止は決まってない」とか書いて、メディアも混乱しているようなのではっきりいいますが、この話は放送局の幹部からの内部情報です。公式には(メディアが確認すると)、まだ彼らは反対していることになっているようですが、つぶすことは既定方針で、もう交渉はダビング10をどうするかに移っています。だから「制度エンフォースメント」という話が出てくるので、B-CASが存続するなら、そもそも法的に義務づける必要がない。

こういう情報は、Eメールや広報への電話では裏は取れない。総務省や放送局の幹部に、夜回りでもして取材してください。


補足の補足 (池田信夫)
2008-10-10 13:20:51
まだまだ取材が来るので、もう一度説明しますが、委員会を傍聴した人が「廃止という話は出なかった」と書いているのは当たり前で、業界と話し合いのついてない話(B-CAS廃止)を公開の委員会で言うことはありえない。これも霞ヶ関の完璧主義を知らない人には理解できないでしょうが、彼らの組織の論理では

B-CASを廃止する→ダビング10が無視できるようになる→ダビング10をどうするか決めないでB-CASだけをやめたら、権利者団体から反発をくらう→ダビング10をどうするか決めるまで、B-CASについては公式にコメントしない

ということになっているのです。だからB-CASを廃止するかどうか決めてないのに「制度エンフォースメント」を検討するという訳のわからないことが起こる。こういうときは、新聞なら普通は「B-CAS廃止へ」という記事を書きますが、彼らも利害関係者なので書けない。ネット系メディアにとっては、活字メディアを出し抜くチャンスだと思いますよ。



なるほど。

ブログ本編に書いてある、

しかしダビング10を法律や省令で強制するには、テレビだけでなくすべての無線機器やソフトウェアを規制しなければならず、法技術的に不可能である


と先ほどの記述を総合すると、

『ダビング10に関する法的エンフォースメントは不可能という結論とB-CAS廃止を同時に決める。』ということになりますか。

今、「霞ヶ関」が権利者団体に配慮している意味が全くなし( ^ ^ )

権利者団体がどうでるか?
そこが、今後のみどころです。

椎名さん、そろそろ、気がついて下さいよ。

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

00 : 03 : 57 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

夢のコピーフリーデジタルレコーダー

昨日の記事に書きましたが、地上デジタル放送の普及のため、地上デジタル放送からB-CASが撤廃される可能性があります。

どこかで見たのですが現行の地上デジタルでも災害情報はB-CASのスクランブルがかからないそうなので、B-CAS撤廃が決まれば、放送局側でB-CASを外すことは簡単にできそうです。
ただ、B-CASを外しても、「著作権」(不正コピー防止)の問題から、当面は、CCIからコピーワンス(ダビング10)は外されないと思います。

国内の家電メーカーもしばらくは様子見で、従来通り、ARIBの規定に沿った、ダビング10対応のレコーダー等を継続して発売していくと思います。

そのうちに、海外メーカーがFriioのようにCCIを無視したりARIBの規定に沿わない、コピーフリー仕様のレコーダー等を日本国内で発売することになります。(正確にはコピーフリーではなく、CCI無視になるのですが、そこらへんは、今回は割愛)
放送波にB-CASのスクランブルがかかっていないので、B-CASカードもスロットも当然ついていません。

コピーフリーレコーダーがシェアを伸ばすと、国内メーカーだけがコピー制御を守る理由がなくなり、海外メーカーに追随し、コピーフリーレコーダーを発売することになります。
めんどくさいARIBの仕様を守る必要もなくなり、ネットワークに親和性の高い高性能レコーダーを東芝が出したりするかもしれません。「夢のコピーフリーデジタルレコーダー」の誕生です。

ところで、
その「夢のコピーフリーデジタルレコーダー」にはBSやCSの受信機能はついているでしょうか?


続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

02 : 35 : 10 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「B-CAS廃止」記事を検証する

昨日、ASCII.jpに池田信夫氏の「B-CAS」が廃止になるという記事が掲載されネットが騒然となっていました。

B-CASはwikiにも書いてある通り非常に問題の多いシステム/会社であり、悪名高き存在です。

そんなB-CASが廃止になるというのですから、手放しで喜ぶ論調やら、B-CASがなくなるまで、デジタル録画機器を買わないという書き込みが大勢を占めているのですが、記事を読んでも根拠がよくわからず、取りあえず様子見することにしました。
で、今日、ご自身のブログで補足が書かれていたので、ちょっと納得。

頭を整理して内容を書いてみることにします。

続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

03 : 19 : 43 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

オリンピックとアナログマーク

push_beijing1.jpg


オリンピック始まりましたね。

NHKで開会式を見てたとき、子どもがアナログマーク(ロゴ)を見つけて、
「これ、アナログ放送ってこと?」
「デジタルにしなくても大丈夫?」
と不安そうに聞いてきました。

続きを読む
01 : 12 : 19 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ダビング10解禁までの流れ(2)

続きです。

JEITAがあっさりと、ブルーレイ課金を受け入れたのには、違和感がありましたが、小寺氏の記事で理由がわかりました。


続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

00 : 55 : 47 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ダビング10解禁までの流れ(1)

久し振りの更新です。

公私ともに忙しく+ダビング10関連ニュースをウォッチしてたら疲れてきて、更新がなおざりになっていました。

さて、ダビング10は7月4日午前4時から開始されますが、信じられないような紆余曲折がありました。


続きを読む

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

00 : 55 : 23 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。