スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

パナ X1やらBWx50やら

panaX

パナから薄型ディスプレイ新モデルの発表がありました。

X1シリーズは、プラズマ+液晶で構成。

TH-P42X1・TH-P37X1はプラズマタイプ。
それぞれ、1,024×768ドットと1,024×720ドットのプラズマパネルを搭載。

TH-L32X1・TH-L26X1・TH-L20X1・TH-L17X1は液晶タイプ。
1,366×768ドットの液晶パネルを搭載。
32V型はIPS αパネルで、それ以外はIPS液晶パネルを採用。


C1シリーズはパーソナルタイプの普及版。液晶パネルを搭載。

TH-L20C1・TH-L17C1 ともに、1,366×768ドットのIPS液晶パネルを搭載。

X1シリーズ・C1シリーズ共通で、「VIERA Link」を進化させた自動節電機能に対応。
対応するDIGAを接続した際、自動でレコーダの電源をOFFにする「こまめにオフ」と、DIGAのクイックスタート機能を制御して待機電力を抑える「ECOスタンバイ」機能を搭載。
対応するDIGAは、DMR-BW950/850/750、-BR550、-XP25V、 -XP15。

リンク:
X1シリーズプレスリリース
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ「新・ヒューマンビエラ」 Xシリーズ 6機種16モデルを発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

C1シリーズプレスリリース
地上デジタル/アナログ対応ハイビジョン液晶テレビ「新・ヒューマンビエラ」 Cシリーズ 2機種7モデルを発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

AV Watch
プラズマタイプ
パナソニック、HDパネル採用プラズマ「VIERA」42/37型を刷新

液晶タイプ
パナソニック、液晶「VIERA」4サイズ6機種を2月発売

Phile web

X1シリーズ
パナソニック、自動電源オフ機能を備えた“VIERA”X1シリーズのプラズマ/液晶テレビを発売 - Phile-web

C1シリーズ
パナソニック、薄型テレビ“VIERA”の20V型/17V型パーソナルモデル「Cシリーズ」を発売 - Phile-web


ハイエンドでない、普及機ですが、単なる廉価機で終わらせていないところが、素晴らしいと思いました。

プラズマは確かに電気喰いですが、周辺機器を制御することで、確かに節電効果を高めることはできます。
省エネ効果を訴求するとともに、パナのレコーダーも買わせちゃう戦略。
何か、ほれぼれしちゃいます。



そういえば、ちょっと前にDIGAの新シリーズ BWx50などの発表もありました。

・x30の超もっさり感解消。(x00並みのもっさりに)
・YouTube対応
・ワンセグ録画
・「10秒戻し」ボタン
・待機時消費電力が、最低で0.1W
(消費電力はx30と同等の28W程度)
・BW950では高音質化

HDD搭載 ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー「ブルーレイDIGA」 4機種を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

HDD搭載 ハイビジョンDVDレコーダー「ハイビジョンDIGA」 2機種を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

パナソニック、ワンセグ録画対応の新ブルーレイDIGA

パナソニック、ワンセグ録画対応のハイビジョンDIGA

パナソニック、ワンセグ同時録画対応のBDレコーダー“DIGA”「DMR-BW950」など4機種を発売 - Phile-web

価格.com - 『新型出ました』 パナソニック DIGA DMR-BW830 のクチコミ掲示板

価格.com - 『BW950登場』 パナソニック DIGA DMR-BW930 のクチコミ掲示板


中身としてはものすごいマイナーチェンジで、特にもっさり感はx30ユーザーのためにファームで改善してあげて欲しいものですが、それでも、地道に不満点を解消し、消費電力も下げているのは、立派だと思います。
「10秒戻し」ボタンっていうも地味ですが、ユーザーからの大きな要望だったのだから。
あと、ユーザー希望が大きくて搭載されていないのはファイルの結合機能くらいかな。

昨年秋モデルの中では、総合評価でBWx30シリーズが不動の1位で、今回はマイナーチェンジとはいえどもその地位を盤石にしたと思います。



不景気はものが売れない大きな要因かもしれません。
でも、果たして、それだけなのでしょうか。

価格はともかく、操作性なり、DRMなり、
ユーザーニーズに応えてこなかったメーカーが買い控えを起こさせているような気もします。

例えば、高年齢層に現在のテレビやビデオデッキの完全な代替として、自信を持って勧められる薄型テレビやレコーダーって現状なかったりするような気がします。

だから、
ユーザーニーズを着実に取り込んでいる今回のパナの商品展開には敬意を表します。

但し、
価格.com - 『もうカートリッジは無理?』 パナソニック DIGA DMR-BW850 のクチコミ掲示板にもありますが、カートリッジ付きディスクに対応して頂きたいなと。
ユニバーサルデザインという点からも、パナソニックという大企業が真剣に対応しなければならない件だと思います。

スポンサーサイト

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用

00 : 36 : 20 | Audio&Video | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<CES 2009 追記 - 3Dやら - | ホーム | CES 2009>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/100-9771e41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。