スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

CES 2009 追記 - 3Dやら -

CES関連の記事で3Dがやたら目立っていて、なんでこんなに3D・3Dって騒いでるのかなって思っていました。

ちょっと古い記事ですが、3Dに関する興味深い記事を見落としていたのでメモ。

「3D新時代」が到来 ハリウッド映画の完成度と2つの映像技術 デジタル家電&エンタメ-麻倉怜士のニュースEYE:IT-PLUS

 ハリウッドはいま、全社を挙げて3D制作に突入している。米ドリームワークス・アニメーションSKGのジェフリー・カッツェンバーグCEOは「今後、制作する映画はすべて3Dにする」と2Dは作らない意向を高らかに表明している。

 米ディズニーは今、約20作品を作っているが、そのうちの半分が3Dという。米ワーナー・ブラザーズは「ハリー・ポッター」シリーズの次回作を3Dとして制作している。


 ジョージ・ルーカス監督は新しい技術に対して鋭敏に反応する人で、「スター・ウォーズ」の過去の作品を3Dに変換しているところだ。近い将来、劇場で上映する計画を立てている。現在のところ全世界でも1900スクリーン程度しか3Dに対応する映画館がないので、これがもっと増えた時にリリースする計画と言われている。

 ちなみにデジタルシネマは全世界で約6300スクリーンある。裏返せば、その約3割がすでに3D対応しているともいえる。もう3Dでないと映画が始まらないという流れにきているのだ。


 では、なぜいまハリウッドが大挙して3Dを目指しているのだろうか。

 そのひとつのきっかけとなったのは2005年の「ショーウエスト」という展示会で、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏とジョージ・ルーカス氏が「3D宣言」を発したことにある。「これからの映画は3Dだ。3Dにすることで映画はさらに発展する!」と強い檄を飛ばしたことが業界に大きなインパクトを与えた。



ハリウッドだけが映画ではないのでしょうが、エンターテイメントとしては3Dは面白いし、不況下でも手軽な娯楽として普及していく気もします。
知らない間に3Dがトレンドになりつつあったようです。

但し、

 例えば、3D映画の分布をみると、アメリカはデジタルシネマ5000館のなかで1000館が3Dとなっている。ヨーロッパは1200のうち300。日本は80のうちの40。そもそもデジタルシネマの設置が圧倒的に少ないのである。

と、
日本では3Dはまだまだ遠い存在のようです。

まず、高い映画料金をどうにかしないと、デジタルシネマも普及しないのでしょうが・・・・。

って書いてて見つけたリンク↓
日本の映画館が「高い」理由・・・そして真に「観客の手に映画を奪還する」ためには? - HALTANの日記



家庭用3D関係+Dolbyの新規格についての記事
2009 Inernational CES:ドルビー、「ProLogic IIz」と家庭用3D技術をお披露目 (1/2) - ITmedia +D LifeStyle

Dolbyやdtsの新規格の説明
西川善司の大画面☆マニア 第110回

3D技術と並んで、サラウンドの新技術が出ているようです。
Dolby Pro Logic IIzは9.1ch。
dts Neo:Xは11.1ch。
(笑)

3D以前の話なのですが、AVアンプやサラウンド環境はひそかに憧れています。
但し、購入意欲がわきません。
何故か?
すぐ、新規格ができて、旧機種があっという間に陳腐化するから。


9.1chとか11.1chとか、何それ?

まっとうな音質のAVアンプって○十万もするのに、すぐ陳腐化しちゃう。
サラウンドはどんな購入層を狙ってるんだろう?
全く理解できません。

本気で普及させる気が感じられん。

少なくとも11.1でも9.1でもどちらでも良いけど、スピーカー構成を増やすのはもう打ち止めにして(個人的には家庭用なら5.1chくらいがすでにもう限界と思いますが)、限られた構成の中で、音場の向上を目指すべきかと思います。

そのうえで、AVアンプを
PCみたいに大きな拡張性やファームアップが可能なエンコーダー
およびアンプ部
というように完全に分離して、新技術にも簡単に対応できるようになれば、潜在的なユーザーって結構いると思うのですが。

スポンサーサイト

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用

00 : 43 : 32 | Audio&Video | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今度はSONY BRAVIAの省エネTV | ホーム | パナ X1やらBWx50やら>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/101-fb764798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。