スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

HTL22を購入 (2)使用した感想

前回書いた通り、HTCの端末をずっと使用しているのですが、物欲に負けHTL22(HTC J One)を購入してしまいました。

HTL22

色はRed Metal。自分的にはHTCカラーは赤なので、HTCJから赤を購入しています。
WHITE METALも塗装のハゲがないため、今回は選択肢の一つだったのですが、やっぱり赤は恰好良いです。

ISW13HTに大きな不満はなかったのですが、素晴らしいスペックについ食指が伸びてしまいました。

ISW13HTに比べると、

CPU  :1.5GHz 2コア→1.7GHz 4コア(Qualcomm Snapdragon 600 28nmプロセス)
画面 :4.3インチ→4.7インチ
解像度:540×960ドット→1080×1980ドット(468ppi)
RAM :1GB→2GB
ROM  :16GB→32GB
バッテリー:1730mAh→2300mAh

以下比較すると長くなるので、特長を書くと、
通信:LTE 2100/1500/800Mhz 最大100Mbps、CDMA2000 2100/800Mhz 最大9.2Mbps WHS対応
無線LAN:IEEE 802.11 a/b/g/n (9/10のアプデでacに対応)
カメラ(撮像素子):4メガピクセル 裏面照射) CMOS、1/3インチセンサー、F2.0
Bluetooth ver.4.0
動画撮影:1080p 30fps HDR動画撮影対応、720pであれば60fps撮影可能
サラウンド:前面ステレオスピーカー
おサイフ:○ NFC:○ 赤外線:○
外部メモリ:microSDXC 64GB対応

防水・防塵には対応しておらず、ワンセグ視聴の際はイヤホン装着必須という点はありますが、

「ほぼ全部入り」のハイスペック端末。

これが、安価で売られていれば、当然食指が伸びます(よね?)


---

さて、使用感想ですが、まずは価格.com項目で書いてみます。
比較対象はISW13HTです。(一部、最新機種のGalaxyS4(SC-04E)との比較も入れました。)

【デザイン】◎
赤が最高です。
【携帯性】○
ベゼルも薄く画面の大きさを考えると問題ない大きさだと思います。
【ボタン操作】○
ホーム(アプリ履歴兼)、戻るボタンのみですがそもそもこの二つしか使わないので全く問題なし。
(メニューキーはないのに慣れたし、必要な時に出てくる方が良いと思っています。)
音声・電源は押しづらいですが、誤操作にもなりづらくて個人的には好きです。(機種で個体差はあるようです)
GalaxyS4(SC-04E)のように端末の両横に電源と音量があるとどちらかの操作の際にどちらかを押してしまいます。
【文字変換】-
ATOKを使用しているので無評価(標準でもQWERTYキーに数字キーがあれば良いのに)。
【レスポンス】◎
動作は早いです。さくさくです。(但し)
【メニュー】✖
後述します。不満点の一つ。
【画面表示】◎
高精細で綺麗です。PC用のウェブページが見やすい。
GalaxyS4(SC-04E)に比較をすると若干暗い印象。
【通話音質】-
電話をしていないので無評価。
【呼出音・音楽】◎◎
ISW13HTは裏面スピーカーなので本体で音楽を聴くときには聞き取りづらかったが、これは本当に良い音
イヤホンでも良い音(beatsoundで作られた音なので好みはあると思います)。
【バッテリー】✖
それほど持つわけではありません。
一番の消耗品であるバッテリーが自分で交換できないことは本来的に致命的だと思っています。
GalaxyS4(SC-04E)では交換できるので、明確に劣る点だと思います。

【その他】
・アルミ成形ということである程度仕方ないと思うのですが、裏蓋に浮きのある端末が発生しているらしいですが、自分の端末は発生していませんでした。(確認してから購入)
・これもアルミ由来だと思いますが、GPSの掴みがやや弱い印象です。
LTEは高速です。下りですが、むらはあるもの平均で20~30Mbps程度は出ます。ISW13HTの3Gはひどい時には100kbps程度しか出ない(まれにMAX3Mbps程度、平均で1Mbps弱)

【メニューについての不満と回避方法】
HTCの端末にはHTC Senseという独自のホームが採用されており、今までは気に入って使用していました。
今回、ホームの一つにBlinkFeedが用意されています。普段は見ないカテゴリーのニュースなどを知るためには便利なのですが、供給チャンネルが少なく、またSNSと連動可能なのですが、どう考えても専用のアプリ等で見たほうが幸せです。
このBlinkFeedは解除できず、実質的に普通のホームは4画面です(ISW13HTでは7画面)。
で、一画面におけるアイコンの数は、今までと同じ4列×4行の16個。
画面数が足りず、Andoroidの特徴であるウィジェットの配置したくてもホーム画面の絶対数が足りないし、Android4の機能でアイコンをフォルダ化はできるのですが、一覧性に劣ります。
今までお気に入りだったブックマークウィジェットももともとは2列で一覧性が良かったのですが、4列で見づらくなってしまいました。

このため、ホームアプリを使用してホーム画面を変えてみることにしました。
使用したのは、Nova Launcher

以前、異なるホームアプリを使用してみたことがあって、その際には独特な操作が慣れず、以降、特にHTC Senseに不満もなかったので、ホームアプリは使用していなかったのですが、Nova Launcher は素晴らしいアプリでした。

Androidのホーム操作を尊重しながらも、豊かなカスタマイズ性を持っています。
操作性も優れています。
4列×6行にアイコンを配置し直し、EVE3Dで好きだったループ設定に変更しています。
何故かブックマークアプリもデフォルトより見やすくなりました。(おそらくHTCSenseのチューニングが悪いのだと思います。)

Nova Launcher Prime(400円) だとジェスチャー機能が追加されますが、これもなかなか面白いです。

ということで、操作性はNovaでどうにかなります。

が、問題は他にもありました。

(続く)
スポンサーサイト

テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

15 : 36 : 58 | 携帯通信端末 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<HTL22を購入 (3)残念なところ | ホーム | HTL22を購入 (1)レビューの前に>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/144-c04f031d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。