FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

もめにもめる著作権料

もはや「迷走」と言ってもいい私的録音録画関係。

5月8日に開催された私的録音録画小委員会で、iPodやハードディスクレコーダーに補償金が科すべきとの提案がなされています。

asahi.com:iPodなど著作権料課金案、メーカー側難色
[2008.5.8]

『文化庁の改正案は、この問題を検討してきた同審議会の私的録音録画小委員会に提案された。20人の委員のうちメーカー以外の委員をのぞく他の委員からは、消費者側委員も含めて「一定の評価をしている」「現実的な案」などと改正案を支持する意見が相次いだ。

って記事見てると、賛成多数なのかなと思ったのですが、

津田大介氏のTwitterより、
あの委員会のやり取りを聞いていて、どうやったら“消費者側委員”が「改正案を支持する」という記事になるのか不思議でしょうがない。ちょっと酷すぎだろこの記事。もっとも支持意見が多数派だったのは事実だけどな。

ということで、
また、朝日お得意の世論誘導記事だったらしいです。
(もしくは記者の能力不足か?)

こっち↓の記事にはより詳しい内容が載っていました。

iPodなど「録音録画が主用途」の機器を補償金制度の対象に、文化庁が試案
[2008.5.8]

『今後の補償金制度の基本的な考え方としては、補償金制度の縮小を前提としつつ、当面は経過措置として「音楽CDからの録音」と「無料デジタル放送からの録画」の分野について補償金制度での対応を検討するとしている。 』

JEITA 長谷川英一氏
 「補償金制度は縮小する方向と言っているが、この案では縮小・廃止への方向性が見えない。このまま制度の範囲が拡大していくのではないかという懸念がある」

JEITA 亀井正博氏
 ダビング10について、権利者からの要請に基づいて策定されたものではないため補償金制度の検討が必要だとされている点について、「権利者からの要請であるかないかといったことはどこで判断するのか」として、基準の明確化を求めた。

 ↑ここらへんが迷走の原因だと思われます。

主婦連合会 河村真紀子氏
 「試案をそのまま読めば、音楽CDからの録画と無料デジタル放送からの録画だけが対象だとしており、さらに新しい技術や制度が普及するまでの間の暫定的な話だと解釈できる。そうであればかなり話が整理されたと思う」として、試案には一定の評価を示した。
ただし、補償金の額などについては、「音楽CDと無料放送のみが対象となるのなら、従来の機器についても下がるのではないか」として見直しを求めるとともに、地上波の放送については「公共性の高さなどを考えれば、補償金が無くなることよりもユーザーが自由に利用できることが確保されることが必要ではないか」と述べた。

 ↑JEITAに比べると視野の広い意見に思われます。

ジャーナリスト 津田大介氏
 「ここ数日の報道を受けてユーザーの反応を見たが、iPodなどへの課金には少なくない消費者が抵抗を感じている」
 「価格が上乗せされるということへの抵抗もあるが、消費者は合理的な理由を求めている。補償金がどのようなプロセスを経て誰の手に渡っているのかが、現状では見えていない
 として、補償金制度についての説明責任を果たすことが必要だと主張。
 「補償金制度を維持するというのなら、きちんとした情報公開が必須で、それを行なった上でなければ対象機器を増やすといった話は消費者の理解が得られない」
 として、補償金制度について消費者に対する説明責任を果たすよう求めた。

 ↑消費者というかネット代表ですね。頑張ってください。
   完全な正論だと思います、
   が、
   今回の話は、たぶんそういう話でなくて、根底に感情のもつれがあるので、
   そこを修復する提案が必要では?

実演家著作権隣接センター 椎名和夫氏
 「試案はひとまず議論を収束させるための段階的な結論として評価している」
 として、補償金制度の見直しにはこれまで時間がかかっており、この段階で一旦結論を得るべきだとの考えを示した。

   ↑ネットの悪役。椎名氏。でも論点はぶれてない。

 小委員会の主査を務める中山信弘氏は、「補償金制度は縮小する方向としているが、現状は過渡期的な『中2階』の状態であり、そのことを踏まえた議論が必要」とコメント。文化庁では、7月頃をめどに小委員会での議論をまとめ、著作権法の改正案を国会にする予定としている。

   ↑ダビング10も7月以降?



会議後の津田大介氏 Twitter

01:49 PM May 08, 2008
『私的録音録画小委員会は結局何らかの結論を出さなきゃいけないっーことでiPodに課金する方向でまとまりそうな気配。ダウンロード違法化も規定路線で議論の余地なしって感じだね。いっそのこと今後の文化審議会は消費者側の人は一切排除して勝手に決めていけばいいんじゃないかな。呼んで意見聞く意味ないでしょ。』

12:35 AM May 10, 2008
『おいおい、俺は確かに「今の制度続けるならiPod入れなきゃ整合性取れない」とは言ったけどそれはあくまで前提であって「用途不明なところ多すぎるから、それクリアにするまではiPodに補償金かけるのやめよーぜ」というのが結論なんだが。』



今回の論争(?)は、点で捉えれば、JEITA頑張れってことになるし、ネットの論調でもそうなっているっぽいですが、なんか、いろいろ調べてたら、そもそもJEITA、どうなのよっていう気がしてきています。(ソースとか、そのうち書きたいけど、うまくまとめられるかな。。。)

いずれにしても、消費者不在の論争だし、ものすごく狭い了見での議論です。

椎名氏にしても大きな方向性としては間違えているのはわかっている筈で、

さて、

どうすれば、まともな状態にもっていけるのだろう。
ワレワレに何かできることはないのか?

スポンサーサイト

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

02 : 08 : 31 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダビング10 -自分なりのまとめ- | ホーム | ZH500シリーズ レビュー記事>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/24-d0f342d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。