FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

東芝の液晶テレビ&レコーダー新製品 (2) - REGZA ZH7000 VARDIA RD-X8 他 -

前回の記事の続きです。

今回発表されたVARDIA(ヴァルディア)にはXDEという高画質化回路が搭載されました。
これは、アメリカで8月に発売されたDVDプレーヤー「SD-XDE1」に搭載された技術です。
XDEは「超解像技術」とは言わないようですが、独自の技術で高画質化を行っているようです。

REGZAとVARDIAの高画質化のイメージの違いは、 がわかりやすいと思います。
東芝の映像美 キレイのヒミツ

今回はレコーダー VARDIAなどの新製品について見ていきます。

リリースされたのは、RD-X7・RD-S503・RD-S303のレコーダー3機種。
XDE搭載のプレイヤーSD-XDE1。
地上デジタルハイビジョンチューナーと320GBのハードディスクを搭載したD-H320(XDEなし)。



プレスリリース

東芝:ニュースリリース (2008.9.18)

 「XDE」とは、輪郭情報を補正する「適用型エッジエンハンスメント」や、インターレースの映像を高精度にプログレッシブ化する「画素判定型三次元IP変換」、最大で1080pまで対応する「高精細アップスケーリング」、ノイズを抑える「三次元DNR」という4つの技術を搭載し、それらの技術を最適に組み合わせることにより、画質を向上させる技術です。

 デジタルハイビジョン放送をTSモード時(「MPEG2」方式で圧縮時)と比較すると、約7倍の時間録画できるTSEモードを搭載しています。

「スカパー!HD」放送の録画に対応します。

 新たに「レグザリンク・ダビング」機能を搭載し、対応したレグザのハードディスクに記録した番組を本機にダビングしてDVD化することができます。


東芝:ニュースリリース (2008.9.18)

東芝HP

製品情報 / 機能情報 - ハイビジョンレコーダー RD-X8| 東芝 : ハードディスク DVD

製品情報 / 機能情報 - ハイビジョンレコーダー RD-S503/S303| 東芝 : ハードディスク DVD

製品情報 / 機能情報 - DVDプレーヤー SD-XDE1 | 東芝 : HDD DVD

製品情報 / 機能情報 - ハードディスクレコーダー D-H320 | 東芝 : HDD DVD



記事

REGZAからムーブも可能に:XDEにスカパー!HD録画、東芝の新「VARDIA」詳報 (1/2) - ITmedia +D LifeStyle

 長い引用になってしまいますが、片岡氏の談話を中心に見ていきます。

 「通常のアップスケーリングでは画像を縦横に引き伸ばしてしまうため、エッジがぼやけてしまう。XDEでは、アップスケール処理の後にエッジ部を動的に判別して強調したうえ、色調整も行う。従来のアップスケールとは異なる高精細な映像を再現する」(同社デジタルAV事業部DAV商品企画部部長附の片岡秀夫氏)。

 XDEは、映像からエッジ成分だけを取り出す精度が技術的なポイントとなる。例えば480iのコンテンツを入力すると、I/P変換で480pのフレームデータを作った後、3次元ノイズリダクションをかけて大ざっぱにノイズを除去する。これを周辺画素演算型ノンリニアスケーリング技術とワイドレンジスケーリングフィルターにより1080pへ拡大。さらにフィルターでエッジ成分を抽出して強調するという手順になるが、このときエッジ成分とノイズを区別してノイズだけを削除できるという。「従来のアップスケーラーではノイズを区別せず、どんなエッジでも強調されてしまっていた」(片岡氏)。

 3次元DNRでノイズを削除した後、エッジ強度に応じたエンハンスゲインを調整し、これを1080Pのフレーム映像に加算する。こうした手順により、周辺輪郭をきりっとさせながら、ノイズの少ない映像が作り出せるという。とくに、比較的情報量の多いコンテンツを“よりキレイに見せる”処理が得意で、横1440ピクセルの地上デジタル放送番組DVDのパッケージソフトなどに効果を発揮するとしている。なお、液晶テレビ「REGZA」に採用された超解像技術とは、併用するとバッティングすることもあるため、REGZAではアップスケール済みの映像が入力されると超解像処理を行わない設定になっている。
(photo 比較デモ。過去の展示会などでハイビジョンの映画素材とアップスケール映像(DVDビデオ+XDE)を並べていたところ、「区別できなかったり、見間違える来場者が多かった」(同社)という)

 スカパー!HD録画は、10月1日に放送を開始するCS 124/128のハイビジョン放送「スカパー!HD」をそのままのクオリティで録画する機能だ。DTCP-IPとDLNAガイドラインの合わせ技で、録画には市販のイーサネットケーブルを使用する。チューナーとVARDIAをケーブルでつなぐ(ルータを介したLAN接続も可能)と、まるで専用ケーブルで接続したときのように互いを認識。チューナーのEPGで録画予約を設定できる。放送のMPEG-2 TS(トランスポートストリーム)には手を加えずにVARDIAのHDDに記録するため、画質の劣化はない。

 もちろんスカパー!HD録画は、ハイビジョンの15チャンネルのみならず、SD放送のチャンネルをストリーム記録することも可能だ。「SD放送の中には2~3Mbpsという低ビットレートのチャンネルもあり、過去のスカパー!連携機能では、それを8MbpsのMPEG-2で録画するといった“無駄”も生じていた。個人的には、TS記録でそれが解消されることにも大きな意味があると思う」(片岡氏)。



東芝、RD-X8など“VARDIA"3機種を発売 - XDE搭載・ハイビジョン7倍録画対応 AV&ホームシアターNews

 XDEの効果はフロントパネル、またはリモコンのボタンでコントロールできる。
 たとえば480iの映像の場合、ip変換を行った後に3次元DNRでノイズ除去を行い、さらに周辺画素演算型ノンリニアスケーリング技術とワイドレンジスケーリングフィルターにより1080pにスケーリングする。その上で、ハイパスフィルターでノイズとエッジ成分を抽出し、3次元DNRでノイズを削除。エッジ強度に応じ、最適なエンハンスゲインを調整し、1080pに変換した映像にエンハンス成分を加算し、最終的な画像が完成する。なお、3機種はすべてDVDの24p出力が可能だが、この場合は当然ながらip変換は介さず、ダイレクトに途中段階の1080pへとスケーリングされる

 同時に発表されたXDE対応DVDプレーヤー「SD-XDE1」は、上記の処理に相当する「シャープ」モードのほか、エンハンスをかけながら映像中の青色と緑色を検知して色調補正する「カラー」モード、同じくエンハンスしながら黒レベルを上げて見やすい映像にする「コントラスト」モードの計3モードを備えるが、VARDIAシリーズではカラーモードとコントラストモードは利用できない

 XDEの特徴として同社は、適用型エッジエンハンスやディテールエンハンスが主体のため映像の破綻が少ないこと、また静止画フレームに有効なため、アップスケールが必須でなく、SD、HDどの解像度でも効果が出ることを挙げている。なおXDEの効果は、コンテンツが高解像度、高S/N、高画質であると効果が大きく、低解像度、低S/N、低画質だと効果が小さいのだという。

 本日同時に発表されたREGZA上位機種には超解像技術が採用されているが、XDEと超解像は同時に適用されないよう、HDMI-CECで情報を参照して制御しているのだという。具体的には、超解像は1,440×1,080までしか適用されないため、XDEを使って1,920×1,080で出力した場合は、超解像はオフになる。XDEで1,440×1,080以下の映像を出力した場合は、XDEのエンハンス処理だけがオフになる

 3機種は、TSEモード(MPEG4 AVC録画)についても、新たなトランスコーダー/エンコーダーの搭載により、低ビットレート時のノイズを大幅に低減。これにより記録時間の拡大が可能になった。記録解像度は入力ソースの解像度に依存するが、フルHD記録に対応するビットレートは2.8Mbps~17Mbpsに拡大した。2.8Mbpsを使用した場合、BSデジタル放送をMPEG2-TSで録画した場合に比べて約7倍の長時間録画が可能となる。SD画質のAVC録画についても、 2.6~1.0Mbpsのビットレートを新たに設定した。なお、MPEG4 AVCのプロファイルはBaselineプロファイルとなる。

 DVDにフルハイビジョン映像を記録できるHD Recも搭載。DVDをHDVRフォーマットで初期化することで、MPEG-2 TSやMPEG4 AVCで録画したHD番組をDVDに記録できる。対応DVDメディアはDVD-R/R DL/RW/RAM。なお、TSタイトルをTSEタイトルに変換ダビングする際、チャプターを継承することもできる。

 なお、内部の冷却ファンはこれまでの2基から1基に変更。これによりX7に比べ騒音レベルを1dB改善した。さらにパワーマネージメントの処理を変更したり、低消費電力HDDを採用するなどの工夫により、消費電力も大幅に削減できた。



東芝、高画質1080p化「XDE」搭載のDVDレコーダ「VARDIA」 - AV Watch -

 データ放送はカットして録画されるが、音声は無劣化のAACで記録でき、最大5.1ch音声を2ストリーム録画できる。さらに、MPEG-4 AVC/H.264で、SD解像度記録するモード(2.6Mbps~1Mbps)も新設した。

(RD-X8について)
 D端子を備え、12bib/297MHzのビデオ用DACで4倍オーバーサンプリング処理を実施。超高速OPアンプによるLC型広帯域LPF回路も備え、「HDMIに比肩しうるアナログ高画質を実現した」という。録画用出力として備えるS映像、コンポジット、アナログ2ch音声出力用に、GUI表示の影響を受けずに現在選択されている映像をSDで出力可能。同回路専用に10bit/297MHzのビデオエンコーダを備えている。
 S503/S303との違いとして、X8のみDeep Color出力に対応スカパー! 連動録画も引き続きサポートしている。前述のようにDVD Burningもサポートしたほか、従来モデルのS502/302が対応していた高速起動モードも新たに追加している。i.LINK(TS)とDV入力を各1系統装備。RD間のi.LINKダビングにも対応している。



東芝、高精細技術「XDETM」搭載HDD&DVDレコーダー - 7倍録画対応 | 家電 | マイコミジャーナル

東芝、高画質化技術搭載のHDD&DVDレコーダー「VARDIAシリーズ」ほか5モデルを発表 - 日経トレンディネット

東芝、デジタルレコーダー「VARDIA」を高画質化--XDE対応でDVD環境を整備:レビュー - CNET Japan

DVDを高精細にする新ヴァルディア - ASCII.jp -

東芝、スカパー!HD録画に対応したDVD/HDDレコーダ3機種 - BB Watch -

東芝、HDDレコーダーなど5機種を発売・地上デジタルやDVDを高画質に デジタル家電&エンタメ-最新ニュース:IT-PLUS

東芝、「XDE」で高画質1080p再生可能なDVDプレーヤー - AV Watch -

東芝、高精細技術“XDE”搭載のDVDプレーヤー「SD-XDE1」を発売 AV&ホームシアターNews

東芝、320GB HDD搭載で実売4万円のHDDレコーダ - AV Watch -



 RD-X8の所感です。
 記事の内容を見るとX7をブラッシュアップしてきた印象。
 もちろん実機の画質を見てみなければわかりませんが、パナ機に大きく水をあけられていたエンコーダーも改善されたということで期待できます。
 HQV Reon VX50から変更したXDEについては全くの未知数ですが、これも額面どおりに受け取ると結構の実力の持ち主のようです。

 単独でどれくらいの画像となるのか、また、REGZAとの組み合わせでの画質はどうなのか、今後話題のつきない機種になりそうです。

 が、

 大きな不満を二つ。

1) Xシリーズはフラッグシップなんだから、XDEはちゃんとフルスペックで搭載するべきではと。
2) 仕様表を見るとわかるのですが、カートリッジ式(殻つき) DVD-RAMには対応していません。
 Panaに続き、東芝よお前もか・・・という感じです。
 一過性のものなのか(であればXシリーズの評価を落とす)、殻対応をもうしないのか(メーカーの姿勢が問われる)、どちらにしても良くありません。

 東芝はどこに向かっているのでしょうか?
 ブルーレイを搭載する日はくるのでしょうか?
 そして、CELL TVは本当にそのうちリリースされるのでしょうか?

 またまた、次回に続きます。

スポンサーサイト

テーマ:液晶テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

04 : 15 : 49 | Audio&Video | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東芝の液晶テレビ&レコーダー新製品 (3) - REGZA ZH7000 VARDIA RD-X8 他 - | ホーム | 東芝の液晶テレビ&レコーダー新製品 (1) - REGZA ZH7000 VARDIA RD-X8 他 ->>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/71-7440664d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。