スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

夢のコピーフリーデジタルレコーダー

昨日の記事に書きましたが、地上デジタル放送の普及のため、地上デジタル放送からB-CASが撤廃される可能性があります。

どこかで見たのですが現行の地上デジタルでも災害情報はB-CASのスクランブルがかからないそうなので、B-CAS撤廃が決まれば、放送局側でB-CASを外すことは簡単にできそうです。
ただ、B-CASを外しても、「著作権」(不正コピー防止)の問題から、当面は、CCIからコピーワンス(ダビング10)は外されないと思います。

国内の家電メーカーもしばらくは様子見で、従来通り、ARIBの規定に沿った、ダビング10対応のレコーダー等を継続して発売していくと思います。

そのうちに、海外メーカーがFriioのようにCCIを無視したりARIBの規定に沿わない、コピーフリー仕様のレコーダー等を日本国内で発売することになります。(正確にはコピーフリーではなく、CCI無視になるのですが、そこらへんは、今回は割愛)
放送波にB-CASのスクランブルがかかっていないので、B-CASカードもスロットも当然ついていません。

コピーフリーレコーダーがシェアを伸ばすと、国内メーカーだけがコピー制御を守る理由がなくなり、海外メーカーに追随し、コピーフリーレコーダーを発売することになります。
めんどくさいARIBの仕様を守る必要もなくなり、ネットワークに親和性の高い高性能レコーダーを東芝が出したりするかもしれません。「夢のコピーフリーデジタルレコーダー」の誕生です。

ところで、
その「夢のコピーフリーデジタルレコーダー」にはBSやCSの受信機能はついているでしょうか?




(1) 有料放送

CSおよびBSデジタルの一部(デジタルWOWOW ・スターチャンネルHV)は有料放送であり、性格上、スクランブルがかけられています。現在のデジタルチュナーではB-CASカードの登録により、スクランブルを解除する仕組みになっています。
当然、B-CASがなければ、これらの有料放送を視聴することはできません。
また、コピーワンスがかけられており、B-CASカードの発行は、コピーワンスに対応する機器にのみなされることになると思われます。
※ ここはさすがに「独占禁止法」の適用除外でしょう?
  但し、ARIB仕様の強制力までつけれるかは「?」

よって、少なくとも、「夢のコピーフリーレコーダー」には、有料放送の受信機能はついていません。


(2) 無料デジタルBS放送

ここが一番難しいところです。
低収入世帯対象のTV視聴のために、5,000円チュナーを提供するという目的のために、B-CASを外すということであれば、別に、BS放送からはB-CASを外す必要はないという理論も成り立ちそうです。
一方で、BSに参入している民放は、視聴率のためには、視聴対象者は限りなく増やす必要もあります。
更に別の観点からは、中国等でのBS受信→不正流通を避けるために、CASが必須であるという見方もできます。
また、前回も書きましたが、NHK放送へのCAS適用は放送法違反となります。

BS有料放送との兼ね合いを考えると、今の雰囲気では、地上デジタルからB-CASが撤廃されたとしても、何となく、B-CASはBSには残ってしまう可能性があると思います。(当然、ダビング10も残ってしまうこととなります。)

ということで、B-CASを積んでいない「夢のコピーフリーデジタルレコーダー」には、BSやCSの受信機能がありません。




「B-CAS撤廃」を待って買い控えたユーザーの前に現れるものは、地上デジタル専用のコピーフリーデジタルレコーダーになりそうです。


とても魅力的とは思えません。


録画ファンは相変わらずfriioやPT1を買います。
BD後の新メディアが出てもあまり普及しません。コピワンやらダビテンのディスクに録画された放送を移行する用途がないので。
HDDで見て消し。番組に愛着を持ちません。
TV離れが進みます。
負のループ。


ということで、
総務省の外圧ではなく、自分たちのために、スカパーや民放やNHKなどのコンテンツホルダーが自らコピー制御をやめるか、無印スカパー!用チュナーのように、CCI無視(削除)について目をつぶるか。
地上デジタルからのB-CAS撤廃を契機に真剣に考えてみて欲しいと思います。

メーカーサイドも、ARIBの仕様を改定して、「デジタルなのに等速ダビング」とか、訳のわからない利便性の悪い仕様を変えて欲しいです。どうせfriioとかPT1に骨抜きにされてる紳士協定仕様なんだから。

スポンサーサイト

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

02 : 35 : 10 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<B-CAS 廃止 ちょっとだけ続編 | ホーム | 「B-CAS廃止」記事を検証する>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/83-d835313f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。