スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

アナログ波停止の余波

地元の新聞、北海道新聞にこんな記事が載っていました。

北方領土で日本のTVもう見られない!? BSデジタル化で受信困難-北海道新聞(話題)

北海道新聞社はパーマネントリンクを引かないので、後々のために、全文引用しておくと、こんな内容になっています。




 北方領土のロシア人島民が今、二〇一一年七月の日本のテレビ放送の完全デジタル化に頭を抱えている。現地ではNHK・BS(放送衛星)の天気予報などを見ている人が多いが、BSアナログ放送が終了し、デジタル放送になれば、受信にはチューナーなどが必要になることが、これまでほとんど知られていなかったからだ。

 「日本の天気予報がデジタル化で見られなくなるなんて」。ビザなし交流で一カ月間、札幌や根室に滞在した色丹島斜古丹のオリガ・コーニェワさん(55)は一日、帰島前の記者会見でこぼした。今回の訪問で初めてアナログ放送の終了を知ったという。

 コーニェワさんは「ロシアでは北方領土をカバーする天気予報が少なく、台風情報などが詳しいNHKの天気予報が頼り。ほかにも面白い番組が多く、日本語も分かるようになる」と説明する。

 NHKによると、北方領土では日本本土よりやや大きいアンテナを付ければ、BSを受信できる。

 コーニェワさんの話では、色丹島の半数程度の世帯がBS用のアンテナを付けているという。根室市のロシア人向け案内施設、根室インフォメーションセンターには「NHKの天気予報で地名の漢字が読めず、困っている」と四島在住のロシア人が相談に来たこともあった。

 だが、デジタル放送になれば、デジタル対応テレビか、二万円前後の専用チューナーが必要で、日本本土と同様に新たな負担が必要となる。

 根室市内の電器店では、これまでも四島のロシア人船員がBS用のアンテナを買っていくことがあった。デジタル化で新たなロシア向け需要が期待できるが、ある電器店主は「高価なチューナーを購入してまで見たいロシア人が、どれだけいるのか」と話している。



普通に考えると、何言ってんだこいつら、いくら北方領土だからといって、日本に受信料も税金も払っていない、ロシア国民に対して、番組を供給する理由は全くないだろうという、ことになるのかなと思いますが、違う考えもできるかもしれません。

アナログ停波後も、アナログ衛星波は(少なくともインフラの寿命が尽きるまで)残しておいて、NHK総合と教育を再送信ってできないでしょうか。

NHKの短波放送のような位置づけです。

離島の視聴対策にもなるし、日本のPRにもなるのかなと。
衛星はおそらく近隣諸国でも視聴していると思うので、日本の理解へもつながるかもしれません。
(甘いかな(笑))

もっとも、2011年に完全にデジタル化ができるかどうかも最近は疑わしいと思っているのですが。

スポンサーサイト

テーマ:デジタル放送 - ジャンル:テレビ・ラジオ

23 : 53 : 47 | デジタルコピーと放送の問題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<AQUOS(アクオス)DXシリーズ 発表 -BDレコつきテレビ- | ホーム | デジコン委 第45回>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/86-27b53d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。