スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

RD-X8 発売開始 他 東芝関係

XDE


東芝 VARDIA RD-X8ですが、今日、量販店に行ったら店頭に並んでいるのを見かけました。

下の方で寂しげに展示されているRD-X7に比べると薄い筺体。

BD/DVDレコーダー特集:独自の進化を果たした東芝「RD-X8」(前編) - ITmedia +D LifeStyle
に、外観が載っています。

前面のプラスチックのふたをパカッとあけると、ボタン・端子が現れますが、どうも、洗練されているとは言い難い印象です。
DVDもプラふたを開けないと、入れられない仕様です。
プラふたは、X7のようにワンタッチではなく、手で引き下げるタイプなので、たぶん使っているうちに傷ついちゃいそうです。

背面端子からは、筺体が薄くなった影響か、モニター出力端子が削られています。

コストを削ったと言えば聞こえは良いと思いますが、一応Xシリーズは、フラッグシップ機の位置づけの筈。

正直、RD-X7の外観もそんなに好きではないのですが、重厚感があり、存在感を感じます。
それに比べて、X8は・・・・・。

新搭載されたXDEと、X7で評価が低かったTSEの画質ですが、

BD/DVDレコーダー特集:独自の進化を果たした東芝「RD-X8」(後編) - ITmedia +D LifeStyle

この記事によると、ずいぶん評価は良いです。

TSE(MPEG-4/AVC)録画について

 まずRD-S502のレビュー時に気になったブロックノイズはほぼ陰を潜め、レビュー済みのパナソニックDMR-BW930、ソニーBDZ-X95と比較しても気になるレベルではなくなった。とくに低ビットレートではよりバランス指向として見やすさを重視した印象だが、ビットレートが十分なシーンでは情報量に重きを置く点は旧製品と変わらない傾向。情報量としてはDMR-BW930と同等か、上回る感じすら受ける。東芝らしさを残しつつ、しっかりと問題点を改善しきたといえる。

VR録画との情報量の違いは明白で、従来のTSEモードとVR録画の間をしっかりと埋める画質といえる。


XDEについて 

XDEをONにするとかなりくっきりした絵作りとなり、その効果はかなり大きい。ノイズっぽくなるシーンもあるがトレードオフとしては悪くなさそうだ。エッジのはっきりしたアニメなどでは効果はさらに顕著であり、アプコンで放送されている(アプコンの質の悪い)番組ではTS録画のXDE OFFとTSE 2.2Mbps録画のXDE ONではパッと見では見分けができない事もあった。



ネットdeレックにも触れられていて、
 レグザリンク・ダビングについては、「ダビング時には2つ目の録画ユニットとなる「TS2」を利用するが、本機の録画予約が優先される点には注意したい。」ということで、操作に注意が必要なようです。
 スカパー!HD録画はTS2を使うというくらいしかわかっておらず、本記事でも試用できなかったようですが、本機の録画予約が優先される可能性はあるようで、「「TS2」を確実に空けておくために、録画ユニットの自動振り替え機能を無効にしなければならない可能性もあるだろう。」とのこと。
 ただですら、制限の多い、TS1とTS2の使い分けにこんな制限がかかったら、使いにくさにいっそう拍車がかかりそうです。



7倍録画でもきれいに残せる! 新生VARDIAの実力 -ASCII
 TSEとXDEの実力はここでも評価されているます。

また、価格.comにも早速買った方のレビューが載っていました。
価格.com - 『到着』 東芝 VARDIA RD-X8 のクチコミ掲示板

期待のXDEですが・・・
ケロロ軍曹を見た感じでは通常のDVDよりも綺麗で、何やらブラウン管的な見え方に感じます@HDMI。
もちろん既存DVDプレーヤーよりはすごく綺麗です。
でもBlu-rayのクッキリ感を期待するとガッカリすると思います。

XDEですが、
字幕がなければ「マスタリングがイマイチのHD画像ですよ」で他人を騙せそうな
感じです。
字幕のギャザは無理みたいですねが、画像は綺麗です。
「既所有のDVDは無理して買い換えなくてもいっか」位には思える画質です。


言葉足らずで申し訳ありません。
X8のアプコンはBW800のそれを上回っている」です。
それぞれ得手不得手はあるのでしょうけれど、X8の画質はBW800より
一皮剥けた感じのクッキリ感
です。



あらあら本当に良さそうです。
( ^ ^ )

もっともXDEには得意不得意があるようなので、ソースにもよるのかなと思います。
「XDE」の分かりやすい効果――東芝「SD-XDE1」 - ITmedia +D LifeStyle

内容を充実したRD-X8。
ただ、どうなんでしょう。
ブランドを維持したいのであれば、もうちょっとコストをかけて、外観のブラッシュアップをしても良かったのではないのかなと思いました。

(それ以前にカートリッジ付きDVD-RAMに非対応な点でダメなのですが。)

2008.11.16リンク追加
価格.com - 『XDE、REALTAの前に完敗』 東芝 VARDIA RD-X8 のクチコミ掲示板
アプコンはPS3の方が良い?



話は変わります。
「超解像」REGZAですが、店頭で見た感じは違和感を覚えました。
ざらざら感を感じます。
なんとなく汚い感じ。
気のせいかな。
と思っていたら、価格.comに詳しい方の感想が載っていました。
価格.com - 『Z7000とZH7000は失敗作かも。』 東芝 REGZA 42Z7000 (42) のクチコミ掲示板

北のひこ星さん

42Z7000と52ZH7000を見てきました。 これは、失敗作です。

地デジを超解像で映すと、動画で破綻が顕著に見えました。
また、遠くの人の顔に濃淡が現れて気持ち悪い画になります。

C7000のほうがずっと見やすい。
これはメタブレインの種類との相性かも知れません。

残念ながら、Z7000、ZH7000は今の画質では問題外です。
ソフト修正が入るかも知れません。
様子見が正解です。 ZV500より2段落ちくらいの画質ですね。

超解像が決まる場合は良いのでしょうが、外れた時は見られない。
東芝の社員と一緒に設定をいじりましたが、ダメでした。
何が起こったんでしょうね。REGZAらしくないな。


北のひこ星さん

やっぱり、超解像は「良くないなー」。

Z3500は解像感と諧調感が絶妙にバランスしてたのね。
ZV500はクリアパネルでコントラストが向上したのね。

でZ7000で解像感を上げたらバランスが崩れて「シャープのそっくりさん」に見える。

SD画質はモザイク上の濃度ムラに変換され、地デジは輪郭近辺にノイズを撒き散らし、BS-hiでも、放送に含まれる諧調変動ノイズを増幅して、擬似的なモザイクを作り出してる。
東芝の技術者は何を見て評価してるのか疑問です。「これ綺麗に見えますか?って聞きたい」

REGZAのフラッグシップ機の画質に?が付くと、厳しいよね。

正直なところ、C7000やH7000のほうが画処理は見やすくて綺麗ですね。42ZH7000を買う位なら、VARDIA_S503と42C7000を組み合わせて、S503のチューナーを使ってHDMIでTVに映すほうが遥かに綺麗でしょうね。

ということで、今回のZ7000とZH7000シリーズの売りは「超解像」だけだから早々と低価格へ暴落するでしょう。



Z3500とZV500が偶然バランスが良かっただけなのかな?
ネットの評価で成り上がったREGZAですが、どうやらここまで?
消費者となめて、チューニング不足のまま出したのでしょうか?
それとも、そもそも、『超解像技術』自体がだめだったり・・・?
期待されていた分だけ、この失敗の代償は大きく響くような気がします。

REGZA関連記事(AV Watch)
東芝 REGZA -東芝REGZAが「超解像技術」で目指す 新しいハイビジョン画質の世界-

西川善司の大画面☆マニア 第102回

東芝 REGZA -大画面☆マニアの西川善司も驚き 世界初“超解像技術”実装のフラッグシップモデル 東芝 REGZA ZH7000 シリーズ-

西川善司の大画面☆マニア 第103回 2008.11.15追加

ここらへんのレビューの内容では良い製品なのですが。

スポンサーサイト

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用

02 : 20 : 53 | Audio&Video | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東芝 VARDIA RD-X7 操作について | ホーム | 東芝 VARDIA RD-X7 セッティング編>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://papittona.blog96.fc2.com/tb.php/95-c5846de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

ブログ内検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

PaPi

Author:PaPi
札幌在住です。
電子機器系を中心にしたブログです。
気軽にコメントください。

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。